インドネシア・スラウェシ島地震~被災地への支援進む

夫とともに、倒壊した自分が生まれ育った家を訪れたメガ(左)
© UNHCR/Fauzan Ijazah

2018年9月28日、インドネシア、スラウェシ島沖で、マグニチュード(M)7.5の地震と津波が発生しました。インドネシア国家防災庁の発表によると、被災した地域では6万8,000戸が倒壊、2,000人を超える人々が命を落とし、8万人が家を失っています。その被害は甚大であり、家や学校、病院などコミュニティの機能が麻痺した状態が続いています。

パル市内で被災し、一時避難所で夫と生活しているメガ(31)は、「避難先で使えるものを探したのですが、マット1枚しか残っていませんでした。生まれ育った家も倒壊してしまいました」と話します。

「地震が起きてから、毎日恐怖が途絶えることはありませんでした」

パルのバラロア地区で生き残ったロスミニは、数週間経ってやっと、被害状況を確認するために、親戚の家の周りを訪れることができるようになったといいます。

そのほかにも多くの住民がトラウマを抱え、自分が住んでいた家に何か残っているか、確認しに行くのも難しい状況です。

そんな中でも、お互いに助け合い、人々は復興に向けて歩みを進めています。ある女性は、自分が亡くしたのは父親だけだった、夫と息子は生きているのだから“ラッキー”だと、前を向きます。

UNHCRは、緊急テントのほか、簡易ベッド、蚊帳、ソーラー電気を提供するなど、パートナー団体と連携しながら支援を進めています。

 

▶ くわしくはこちら(英語)

▶ インドネシア・スラウェシ島地震への緊急募金は、こちらから受け付けています。