UNHCRの概要

1.名 称 The Office of the United Nations High Commissioner for Refugees (UNHCR)
国連難民高等弁務官事務所
2.設立決定 1949年12月3日 国連総会決議 319(IV)
(創設決定)
1950年12月14日 国連総会決議 428(V)
(「UNHCR事務所規程」採択) 
3.法的基礎 「UNHCR事務所規程」 (1950年)
「難民の地位に関する条約」(1951年)同「議定書」(1967年)「条約」「議定書」のどちらか、あるいは両方に加盟している国147か国 (2007年11月現在)
国連総会の諸決議・難民に関する地域的諸条約 
4.活動開始 1951年1月1日

 

5.高等弁務官 フィリッポ・グランディ (第11代)
高等弁務官は、国連事務総長の指名に基づき、国連総会において選出される。
6.組織構成 UNHCR執行委員会加盟98か国、執行委員会は毎年10月、ジュネーブにて開催される。 本部はジュネーブ(スイス)。主な部門は次のとおり。
・高等弁務官官房
・監察官
・対外総局
・国際保護総局
・事業総局
– アフリカ局
– 南北アメリカ・カリブ局
– ヨーロッパ局
– アジア局
– 中東・北アフリカ局
・資源管理総局 など
・現地事務所:約135か国
7.職員数 11,871人(2018年末時点)
8.支援対象者 約7,500万人 (2018年末時点)
*難民、庇護希望者、国内避難民、帰還民、無国籍者など 
9.主な事業内容 *難民に対する「国際的保護」
難民の諸権利(強制送還の禁止・就業・教育・居住・移動の自由など)を守り、促進する

*緊急事態における「物的援助」、その後の「自立援助」──衣食住の提供、医療・衛生活動、学校・診療所など社会基盤の整備

*難民問題の解決へ向けた国際的な活動を先導、調整する任務

・自主的に本国に帰還
・一次庇護国での定住
・第三国への定住 

10. 予 算 90年代後半、UNHCRの予算規模は難民発生数およびその地域の拡大、問題の複雑化とともに、大幅に増加。1993年以降は年間10億米ドルを超えてきた。UNHCR年間予算は、2017年は77億米ドル、2018年82億米ドルである。

 

11.その他 1954年と1981年に「ノーベル平和賞」を受賞

 

12. UNHCR
駐日事務所
開設: 1979年8月1日
代表:ダーク・ヘベカー(第12代)
所在地: 〒107-0062 東京都港区南青山6-10-11 ウェスレーセンター
Tel: 03-3499-2011(代表)
Fax: 03-3499-2272 

 

UNHCRとは

その他の活動内容