UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)について>
1950 年設立。難民、国内避難民、無国籍者などを国際的に保護・支援するため、多様なパートナーと連携し、世界約 135 カ国で活動。1954 年、1981 年にノーベル平和賞を受賞。本部はスイス・ジュネーブ。

難民を含めて誰一人取り残さないための支援を実施しています

持続可能な開発目標(SDGs)の目標達成に貢献しています

難民問題やUNHCRについて学ぶ動画・テキストを提供しています

【UNHCR×パートナー】

日本政府は難民に関するグローバル・コンパクトに賛同し、UNHCRへの支援を行っている重要なドナー国のひとつです

UNHCRとグローバルパートナーシップを結び、衣料寄贈、難民雇用や自立支援、資金援助などを実施しています

 

「A vision for the future~未来へのビジョン~」という理念のもと視力検査やメガネ寄贈を行っています

【お知らせ】

アフガニスタン 加速する人道危機

1979年ソ連侵攻以来紛争が絶えず、子どもを含む多くの民間人が戦闘やテロに巻き込まれ、世界で最も長く続く難民危機となったアフガニスタン。2021年1月以降、戦闘が急速に拡大し、数十万のアフガン人が政情不安と暴力により新たに避難を強いられる緊急事態となっています。

ご支援はこちら(国連UNHCR協会ウェブサイト)

12,000
石けん等の衛生キット11家族分

30,000
マットや調理器具といった救援セット4家族分

45,000
家族用テントやビニールシートといったシェルターセット1家族分

 

(image © UNHCR/E. Lutfi)