アンジェリーナ・ジョリー、ソマリア首都の人々の安全を訴える

先月モガディシュにて、安全な場所へと避難するソマリア人の親子
© UNHCR/M.Sheikh Nor

ジュネーブ、19日発
UNHCR親善大使のアンジェリーナ・ジョリーは、ソマリアの首都モガディシュで危険にさらされている、何千もの国内避難民の命や生活の危機的状態についての懸念を訴えた。

今年初めから、17万以上の人がソマリア全土で家を追われ、ここ数週間の間に命を落とした人や負傷した人の多さから、残虐な戦いの一つに挙げられる。

アンジェリーナ・ジョリー親善大使は、「ソマリアにおける人命に対する国際社会のあきれるほどの無関心さや、モガディシュの激しさを増す市街戦によって生じる信じがたい犠牲、大規模な強制移動、人命の損失など、次々と明らかになるソマリアの惨状という悲劇に直面して、ひどく心を痛めている」と述べた。

モガディシュから何千もの人が逃れると同時に、町から出る手段を持たずに、多くの人が取り残されている。彼らの身に迫る危険を懸念し、アンジェリーナ・ジョリー親善大使は、「いまだ戦闘を続けている人に、一般市民を攻撃、標的にすることのないよう強く求める」と訴えた。

アントニオ・グテーレス国連難民高等弁務官が、最近表明したソマリアにおける困窮した脆弱な立場の人への国際社会の関心と支援の訴えに同調し、アンジェリーナ・ジョリー親善大使はさらに声高に、相次ぐ戦闘や概して危険な状態においては、援助関係者の支援活動は極めて困難となる、と主張した。

ソマリアは、今日世界で最も酷い人道危機に直面している国であり、人口の半分は緊急の人道支援を必要としている。現在、ソマリア国内には140万以上の人が家を追われ、約57万の難民が周辺地域に避難している。

***************************************
本件に関するお問い合わせは、下記にお願いします。
UNHCR駐日事務所 広報室 (担当:守屋)
150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-70
国連大学ビル6階
Tel:  03-3499-2310
Fax:  03-3499-2272
Email:  [email protected]
***************************************

プレスリリースはこちら(PDF)

プレスリリース(英文PDF)はこちら

*****

Angelina Jolie appeals for safety of civilians in Somali capital

UNHCR Goodwill Ambassador Angelina Jolie today expressed her concern for the lives and the well-being of thousands of displaced people who are trapped in Somalia’s capital, Mogadishu.

More than 170,000 Somalis have been forced from their homes across the country since the beginning of the year.  Scores have been killed or injured in recent weeks amid some of the bloodiest fighting to date.

“I am deeply troubled by the complete and utter disregard for human life in Somalia,” said Jolie. “Another tragedy is unfolding in Somalia as street battles rage on in Mogadishu causing incredible suffering, massive displacement and loss of life.”

While thousands have fled Mogadishu, many others stay behind, displaced and without any means to leave the city.

“I fear for their lives,” said Jolie. “I appeal to those who carry on fighting not to shell and target civilian neighbourhoods.”

UNHCR’s Goodwill Ambassador added her voice to recent calls by High Commissioner Antonio Guterres for more international attention and help for the needy and vulnerable population in Somalia. Continued fighting and general insecurity make it extremely difficult for aid agencies to access and assist the displaced population.

Somalia is one of the worst humanitarian crises in the world today with half the population in urgent need of humanitarian assistance. There are more than 1.4 million Somalis displaced inside the country and some 570,000 live as refugees in the region.
END

Press Release.(English-PDF)

Press Release.(Japanese-PDF)