難民を気候変動から救う UNHCRの水・衛生分野の支援

バングラデシュ・クトゥパロン難民キャンプで太陽光発電を使った井戸で水をくむロヒンギャ難民の少年 
© UNHCR/Areez Tanbeen Rahman

1人1日20リットル

これはUNHCRが目指す難民1人対する最低限の水の供給量です。UNHCRの支援する難民キャンプのうち、この基準を満たしているのは43%。気候変動の影響により、さらに状況は厳しくなっています。

世界と比べてみると、EU諸国では1人当たり128リットル、米国では300リットルが毎日消費されています。難民キャンプでは、その10分の1以下の水を確保するのも難しいのが現状なのです。

「水は生きるために必要であることはもちろん、身体を清潔にするなど、さまざまな用途があります。難民の“尊厳”にもつながるのです」と、水と衛生分野の担当者は話します。UNHCRは安全な水へのアクセス確保に加え、トイレやシャワーの設置など、水関連の感染症を防ぐ取り組みを進めていますが、このような活動も、気候変動の深刻な影響を受けています。

アフリカの最も大きな湖の一つであるチャド湖は、50年前の1割程度にまで水量が減少。水不足から約5000万人が故郷を離れることを余儀なくされ、2004年以降はボコ・ハラムの活動による情勢不安により250万人以上が移動を強いられています。

2004年以降、水不足に悩むチャド東部には、スーダンのダルフール地域から数千万人規模の人々が安全を求めて逃れてきており、その多くは一つの小さな村に集中しています。UNHCRは井戸を掘るなど持続的な解決策に取り組んでいますが、さらなる対応が求められています。

また、「気候変動」と聞くと、水が足りない=干ばつをイメージされがちですが、その逆、大雨も人間にとって大きな脅威です。

その一つがバングラデシュ。モンスーンによる雨は一般的な気象現象という認識ながらも、気候変動の影響により、その勢いが年々増しています。

南東部コックスバザールに避難している90万人のロヒンギャ難民のうち、地滑りや洪水による危険に直面しているのは20万人以上。下痢などの感染症も課題の一つですが、UNHCRがパートナー団体と連携して初期対応に注力したことから、それほど拡大していません。

UNHCRは水不足への対応策として、キャンプ内に掘った300の井戸のうち、約15%の井戸にソーラーパネルを採用するなどの工夫をしています。

これからも現地のニーズに応じた効果的な方法を模索し、UNHCRは難民ひとり一人の水の安全を守っていきます。

 

くわしくはこちら(英語)