美容師の夢をかなえるために~コロナ禍でのアフガン難民の挑戦~

約30年前にアフガニスタンからイランに逃れてきた家族と暮らすアフガン難民のアテフェ。家族を支えるために自分の店を持ちたいと奮闘している

ほんの数カ月前まで、アテフェ(23)はUNHCRと現地NGO「Iran Life Quality Improvement Association(ILIA)」の支援を受けて、15人の難民と一緒に、ヘアスタイルとメイクアップの技術を磨くために6カ月間の職業訓練コースに参加していました。

自分の美容院を開く夢を持つアテフェ。家賃や従業員の給与支払いのために、十分な貯蓄が必要だと考えていました。

その資金を得る手段を探し始めた矢先、新型コロナウイルスの危機がイランを襲いました。多くのビジネスが一時的に閉鎖せざるを得ず、雇用も中断を余儀なくされました。

アテフェはまだ幸運でした。自宅で安全に作業できるボタンの繕い、靴を縫うパートタイムの仕事を見つけることができたからです。といっても、一時的な仮の仕事ではわずかな稼ぎにしかならず、家族を養うのがやっとで、貯金をする余裕なんてありませんでした。

 

 

「難民が成功するのは不可能だと言われてきました」

 

 

イランでは新型コロナウイルスの感染状況が改善に向かい、国内でもビジネスが少しずつ再開し始めました。アテフェは決して諦めることなく、自分の夢に向かって前に進んでいます。「難民は成功できないと言われ続けてきました。でも私は絶対に、素敵な美容師になりたいんです」。

約30年前にアフガニスタンから逃れてきたアテフェの両親。イランで生まれたアテフェには8人のきょうだいがいます。

「私たちが教育を受け、きちんと生計を立て、お互いを助け合って生きていくことが両親の夢でした」と誇らしそうに語るアテフェ。姉のマブーベは経営学士を取得し、数年後には兄のシャヒンが政治学部を卒業しました。

しかし、いざアテフェが大学に入学するという時、資金が底をつきました。

「学費を払う余裕がないと言った時の、父の悲しげな目を今でも覚えています。建設作業員として働きながら、2~3の仕事を掛け持ちしていました。私の学費を稼ぐためにさらに仕事を増やすと言いましたが、高齢なので、これ以上苦労をかけることはできませんでした」と振り返ります。

そんなアテフェがILIAの難民向けの職業訓練コースがあることを偶然知ったのは、その後のことです。ヘアメイクが学べるカリキュラムを見て、「勉強や仕事ができず、自分が無力だとあきらめる前に、どんなことにでも挑戦してみよう」と思いました。

ILIAのムニレ・アレゾマンディ理事は、騒がしいテヘラン郊外にアテフェが登録に来た時の、情熱的なまなざしを覚えていました。「初めて会った時、この少女は必ず成功すると思いました。表情が自信にあふれていましたから」。

2016年以降、ILIAは200人を超える難民とイランの生徒たちを対象に、新しいスキルや能力を身に付ける研修コースを提供してきました。修了生がビジネスを始められるよう、ハサミやくし、ヘアカーラー、ヘアドライヤーなどの道具もUNHCRと連携して提供してきました。

イランでは約100万人が難民として登録されており、その多くはアフガニスタン出身です。イラン政府の包括的な政策により、難民は職に就くことができ、医療や教育などのサービスにアクセスもできます。

働くことができるため、難民は自分で生計を立て、家族を支え、生活を立て直すことができます。技術や能力、起業するために必要なノウハウを身につけておくことは、自主帰還が実現した時、母国に戻ってからの生活再建にも役立ちます。

 

 

「これは私がただの難民ではなく、それ以上になれるチャンスなのです」

 

 

UNHCRは、カジュアルウェアブランドのユニクロ・ジーユーなどを展開するファーストリテイリングとグローバルパートナーシップを組み、難民が働くために必要なスキルの習得、収入基盤のサポートや、起業支援などを行っています。アテフェが受けた職業訓練もその一環です。

このパートナーシップを通じて、インド、マレーシア、ネパール、イラン、パキスタンでは2016年から2018年の間で、約1万9,000人の難民が恩恵を受けています。

ILIAの職業訓練コースを受けて、アテフェの人生は変わりました。「ただの難民ではない、それ以上になれるチャンスをもらいました。学んだスキルを生かしてひとり立ちして生計を立て、自分のコミュニティにも積極的に貢献することができます」。そうアテフェは語ります。

 

原文(英語)はこちら