日本政府、アフガン難民とパキスタンの若者への支援に270万米ドルを拠出

日本の支援に対する合意書に署名する倉井大使とメニクディウェラUNHCRパキスタン代表
© UNHCR

2018年10月3日 イスラマバード

日本政府は、パキスタンでの難民、受け入れコミュニティーの支援に270万米ドルを拠出することを決定し、倉井高志 駐パキスタン特命全権大使とルーベンドリニ・メニクディウェラUNHCRパキスタン代表が、サレーム・カーン アフガン難民チーフコミッショナーの立ち会いのもと、合意書に署名を行いました。

今回の支援は、UNHCRが約139万人のアフガン難民に対して実施する保健、生計向上、法的分野での支援に活用されるほか、ハイバル・パフトゥンハー州、バロチスタン州、パンジャブ州で暮らす約47万5,000人の難民、受け入れコミュニティーの若者が恩恵も受けることになります。

医療サービスへのアクセス改善に向けて、健康上問題を抱える約43万人のアフガン難民への支援に充てられ、難民が抱えるあらゆる問題に対処するための法的アドバイスも提供されます。

UNHCRによる支援と法的アドバイスのプログラムは、主要な9つの受け入れコミュニティーにおいて、パートナー団体と連携して行われます。これは、約4万5,000人のアフガン難民に対する無償の法的アドバイスをはじめとした法律関連の支援、また、収容された難民への法廷代理の支援も含まれます。また、パキスタン人、アフガン難民の若者の自立に向けて、職業・技術訓練の機会も提供されます。

メニクディウェラUNHCRパキスタン代表は、今回の支援を通じて、脆弱な立場にいるアフガン難民や受け入れコミュニティーの若者への支援の継続が可能になるとして、日本への感謝の意を表しました。医療サービスの改善や自立への機会提供、法的な支援へのアクセス向上など、アフガン難民の生活に良い影響をもたらすものとして期待を述べました。

また倉井大使は、「アフガン難民、受け入れコミュニティーの未来のために日本からの支援が十分活用され、若者の支援、受け入れコミュニティーの負担軽減につながることを願います。また、若者たちに職業訓練の機会が与えられ、2つの国の発展に寄与する人づくりが進むことをうれしく思います」と話しています。

日本は、アフガン難民を40年近く受け入れ続けているパキスタンの人々の努力に敬意を表しています。日本政府は、2017年にも約380万米ドルをUNHCRのパキスタンにおける活動に拠出。これまでも10年以上にわたり、2億米ドル相当の支援を通じて、パキスタンにおけるアフガン難民と受け入れコミュニティーの支援に貢献しています。

パキスタンが現在受け入れているアフガン難民は139万人。2002年以降、約430万人のアフガン難民がアフガニスタンに帰還しています。

******************

Japan pledges USD 2.7 million to support Afghan refugees and Pakistani youth

ISLAMABAD, 3 October 2018

The government of Japan Wednesday pledged a contribution of USD 2.7 million to support refugees and host communities across Pakistan.

This contribution will support UNHCR’s interventions in the areas of health, livelihoods, as well as the provision of legal support to around 1.39 million registered Afghan refugees. The new funding will benefit some 475,000 refugees and youth in host communities in the provinces of Khyber Pakhtunkhwa, Balochistan and Punjab.

Ambassador of Japan to Pakistan, H.E. Mr. Takashi Kurai and UNHCR’s Country Representative in Pakistan, Ms. Ruvendrini Menikdiwela signed the agreement with Chief Commissioner for Afghan Refugees, Mr. Saleem Khan, in attendance.

Part of Japan’s contribution will be invested in the health sector to improve access to healthcare services in Pakistan. This will support some 430,000 Afghan refugees with health issues. The assistance also will provide the legal aid services for Afghan refugees.

UNHCR’s aid and legal advice programme is implemented through partners in nine centres in the main refugee-hosting areas across Pakistan. The new funding will support some 45,000 Afghan refugees and help continue the provision of free legal advice and legal aid, as well as court representation for refugees who have been detained. In addition, Japan’s aid will be spent on bolstering refugee’s self-reliance. UNHCR will provide livelihoods support to Pakistani youth and Afghan refugee youth through vocational and technical skills training.

Speaking at the occasion, Ms. Ruvendrini Menikdiwela commended the people and government of Japan for the contribution saying this will allow UNHCR to continue supporting vulnerable Afghan refugees and youth of the Pakistani host communities.

“Such support will have a positive impact on the lives of Afghan refugees allowing them to have access to better healthcare services, livelihood opportunities, as well as legal support,” Menikdiwela said.

Ambassador Kurai said: “I hope this grant aid will be fully utilised for the future of Afghan refugees and host communities, especially young generations and mitigate the burden of host communities. I am glad that not only Afghan refugees but also Pakistani youth in host communities will receive vocational training with Japan’s contribution so that they can contribute to the development of the two countries.”

Japan highly appreciates the efforts made by the Pakistani people in host communities who have been accommodating Afghan refugees for nearly four decades.

Last year, the Government of Japan also provided some US$ 3.8 million specifically to UNHCR Pakistan while Japan has been assisting Afghan refugees in Pakistan and their host communities for over ten years with grants of some USD 200 million.

Pakistan continues to host 1.39 million Afghan refugees. Around 4.3 million Afghan refugees have returned to Afghanistan since 2002.