カレン・ファルカス UNHCR駐日代表 着任

このたび、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)第13代駐日代表に、カレン・マデリーン・ファルカス(オーストラリア国籍)が着任しました。

ファルカスのUNHCRでのキャリアは1982年から35年以上にわたります。

スイス・ジュネーブ本部では、監察官(2017-20年)、人事管理局長(2013-16年)、事業リスクマネジメントに関する副高等弁務官上級アドバイザー(2012年)、財務官/財務・総務局長(2000-11年)など組織の中核を担う役職を歴任しました。

また、難民支援の現場での勤務経験も豊富で、ギリシャのUNHCRアテネ事務所代表をはじめ、コンゴ民主共和国、イラク、北マケドニア共和国、南アフリカ共和国などで、緊急対応などを担当しました。

財務行政学士と国際機関マネジメント科学修士号を取得し、監査法人「PricewaterhouseCoopers (PwC)」での勤務経験もあります。また、現在は「The Institute of Managers and Leaders (IML)」にも研究員として籍を置いています。英語とフランス語が堪能です。

今回、世界も日本も、新型コロナウイルスという共通の脅威に直面する中での着任となりました。

新型コロナウイルスのパンデミックは、UNHCRの活動にも大きな影響をおよぼしています。世界各地の難民、国内避難民、無国籍者などに、保護や支援、必要とされるサービスを届ける中で、これまでに経験したことのない困難が生じています。

そんな状況においても、多くの政府が表明している継続的な支援を受けて、UNHCRスタッフ一同、今必要としている人に支援を届けるために全力を注いでいます。

UNHCRの人道支援活動において、日本は長年にわたる重要なパートナーです。このパンデミックとの闘いにおいても、一人ひとりの命を救うために、政府や企業、市民社会など、日本の皆さんとさらに連帯を強めていきたいと考えています。

プレスリリースのPDF版はこちら

*****

Karen Farkas assumes her duties as UNHCR’s 13th Representative in Japan

The Office of the United Nations High Commissioner for Refugees (UNHCR) Representation in Japan is pleased to announce the arrival of its new Representative, Karen Madeleine Farkas.

Farkas is an Australian national who joined UNHCR in 1982 where she has worked for the most part of her 35-year career.

Farkas has held key positions in UNHCR Headquarters in Switzerland, which include: Inspector General (2017-20), Director of the Division of Human Resources (2013-16), Principal Advisor to the Deputy High Commissioner on Enterprise Risk Management (2012) and Controller and Director of the Division of Financial and Administrative Management (2008-11).

Farkas has also served as the High Commissioner’s Representative in Greece, as well as in a variety of field and emergency operations, including in the Democratic Republic of Congo, Iraq, North Macedonia and South Africa.

Farkas holds a Master of Science Degree in Management of International Public Service Organisations, and a Bachelor’s Degree in Financial Administration. She is a Fellow with the The Institute of Managers and Leaders (IML) and has previously worked at PricewaterhouseCoopers in her capacity as a Certified Practising Accountant. Farkas is fluent in English and French.

Ms. Farkas is taking up her assignment at a time when Japan and the world face a common threat.  The COVID-19 pandemic is also an unprecedented challenge to ensure protection, assistance and delivery of essential services to people of concern to UNHCR around the world, including refugees, stateless, IDPs and others.  UNHCR remains committed to continuing its operations for the people we serve, with the unfailing support from many governments.

Japan has been and remains an important partner in our global efforts to ensure protection, assistance and essential services for people of concern to UNHCR.  As we fight the pandemic together, UNHCR stands in solidarity with the Government, businesses and private individuals of Japan.

 

Click here to view PDF version