【プレスリリース】日本政府:平成30年度補正予算からUNHCRへ約7,250万米ドルを拠出

南スーダンの難民キャンプで難民登録の手続きに並ぶ女性。2019年8月に横浜で第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が開催され、アフリカ支援における日本とのさらなる貢献が期待される
© UNHCR/Anita Corluka

日本政府は平成30年度補正予算から、UNHCRの2019年の活動に約7,250万米ドルを拠出することを決定しました。この拠出金は、世界約25カ国における難民や国内避難民の支援に使われます。

フィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官は、「日本から差し伸べられた支援は、紛争や迫害から逃れることを余儀なくされた人々の保護、人命救助に必要な支援を確保する上で、非常に重要な意味をもっています」と日本の多大な貢献に対して感謝の意を表しました。

日本の支援は、アフリカ(2,150万米ドル)、中東(3,400万米ドル)、ウクライナ(84万米ドル)にそれぞれ割り当てられ、各地域におけるUNHCRの活動に用いられます。さらに、イランにおけるアフガニスタン難民支援、アフガニスタン難民の帰還支援、そしてアフガニスタンの国内避難民とパキスタン難民の支援に、540万米ドルが用いられます。バングラデシュのロヒンギャ難民支援、ミャンマーのラカイン州における人道と開発の支援にも、1,080万米ドルが拠出されます。

日本はUNHCRの2018年の活動に約7,000万米ドルの補正予算を含む総額1億2,000万米ドルを拠出しており、UNHCRにとって5番目に大きな支援国です。

UNHCRはこれからも日本との協力関係を継続し、難民問題に取り組んでいきます。

UNHCRが世界各地で行っている人道支援活動は、政府からの任意拠出や個人、企業からの寄付に支えられています。2019年、UNHCRは世界中における人道支援活動の実施のために87億米ドルを必要としています。皆さまからのご支援が、難民一人ひとりを支える力となります。

UNHCRへの寄付については国連UNHCR協会のウェブサイトをご覧ください。

プレスリリース(PDF)はこちら

*********************************

 

UNHCR welcomes Japan’s US$72.5 million contribution for refugees, displaced people

 

UNHCR, the UN Refugee Agency, welcomes the Government of Japan’s funding contribution of US$72.5 million under its latest Supplementary Budget allocation channel to assist refugees and displaced people in some 25 countries worldwide.

“Japan’s contribution will help ensure protection and life-saving assistance for people forced to flee from conflict and persecution,” said Filippo Grandi, UN High Commissioner for Refugees.

Japanese funding will cover UNHCR operations in Africa (US$21.5 million), Middle East (US$34 million) and Ukraine (US$840, 000). Meanwhile, Afghan refugees in Iran as well as Afghan returnees/IDPs and Pakistani refugees in Afghanistan will receive US$5.4 million. Japan has also allocated US$10.8 million to support Rohingya refugees in Bangladesh and humanitarian and development assistance in Myanmar’s Rakhine State.

In 2018, Japan’s overall contribution was nearly US$120 million including US$70 million through its Supplementary Budget mechanism, making it UNHCR’s fifth largest donor. UNHCR looks forward continuing its cooperation with Japan.

UNHCR’s worldwide activities depend almost entirely on voluntary contributions, and the agency requires US$8.70 billion for its worldwide operations in 2019.

 

For press release (PDF), click here