新型コロナウイルス対応

新型コロナウイルスのパンデミックの危機は、この地球上のすべての人におよんでいます。その中にはもちろん、紛争や迫害により故郷を追われた人たちも含まれています。

UNHCRは、新型コロナウイルスから難民、国内避難民などを守るため、各国の対応を率いる政府と密接に連携しています。それぞれの国の予防・対応策にすべての人が含まれるよう促し、医療、水、衛生などのサービスの強化に取り組んでいます。

ご寄付はこちら

216カ国

新型コロナウイルスの影響がおよんでいる国


134カ国

新型コロナウイルスの国内感染が報告された難民受け入れ国


約7100万人

世界で紛争や迫害により移動を強いられている人


2020年5月20日現在(英語の統計情報はこちら


“私たちが相互依存の世界に生きているということ、
新型コロナウイルスにより まさにそのことを気付かされた”

フィリッポ・グランディ 国連難民高等弁務官

フィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官のメッセージは、この数カ月、まさに世界が経験してきたことを表しています。

新型コロナウイルスの感染は、国境も言葉も関係なく広がり、この地球上のすべて人の脅威となっています。その中にはもちろん、難民など故郷を追われた人たちも含まれています。

世界的な感染拡大を目の当たりにし、私たち一人ひとりの健康は、社会の最も脆弱な立場にいる人たち、難民、無国籍者、国内避難民などの健康とも、密接につながっていることは明らかです。

今こそ、世界がひとつとなり、協力し、連帯を示さなければ、この危機を脱することはできません。

【故郷を追われた人を救うために~UNHCRの新型コロナウイルス対応】

新型コロナウイルスから難民や国内避難民などの命を守り、生活の安全を確保するため、以下のような活動を強化しています。

▶ 安全な水の確保、医療システムの整備、衛生用品の配布
▶ 感染地域を随時モニターし、感染を防止への対策を講じる

▶ 緊急支援物資の空輸や隔離エリアの設置など、可能な限り
受け入れコミュニティでの公衆衛生の対策を強化を図る

▶ 既存・新規のネットワークを活用し、コミュニティ内での情報伝達を支援
▶ 手洗い、ソーシャル・ディスタンス、感染者の隔離、医療へのアクセスなどに関する
ガイダンスや信頼性のある情報の提供

▶ シェルター設備や主要な緊急援助物資の配布
▶ 感染拡大の社会・経済的な影響抑止のための現金給付支援の拡大

▶ 国境が閉鎖がされても庇護を求める権利をはじめ、故郷を追われた人の
権利と保護が尊重されるよう周知を図る

▶ 現場レベルでパートナーと連携し、心理カウンセリングの提供、
性とジェンダーに基づく暴力の防止と対応のための対策を共有

プレスリリース

【NEW!】

  • WHOとUNHCR、連携強化で難民、国内避難民、無国籍者を救う(日本語英語21 May 2020
  • ケニアの難民キャンプで新型コロナウイルスの危機に挑む(日本語英語20 May 2020
  • ロヒンギャ難民居住区で初の感染確認、公衆衛生分野の対応進む(日本語英語15 May 2020
  • 国連、67億米ドルの支援を要請~脆弱な国の一人ひとりの命を守る(日本語英語7 May 2020
  • フィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官、ラマダン期間中の連帯を訴える(日本語英語23 April 2020
  • 新型コロナウイルス アフガニスタン、周辺国を置き去りにしない(日本語英語14 April 2020
  • 【 UNHCR-IOM 共同プレスリリース】新型コロナウイルス危機の中で~ベネズエラ難民・移民を救う(日本語英語1 April 2020
  • 【 OHCHR/IOM/UNHCR/WHO 共同プレスリリース】新型コロナウイルス対応 すべての人の権利を守る(日本語英語31 March 2020
  • UNHCRの新型コロナウイルス対応、現場での支援を強化(日本語英語31 March 2020
  • 新型コロナウイルスに打ち勝つ~国連で人道支援計画の実施へ(日本語英語25 March 2020
  • 新型コロナウイルスは既存のシステムへの挑戦(日本語英語12 March 2020

各国の取り組み

【NEW!】

  • 難民の匠たち、マスク、防護具作りにスキルを生かす(日本語英語27 April 2020
  • ケニアの難民キャンプの学校~ラジオを使った授業で学び続ける(日本語英語24 April 2020
  • 読み聞かせボランティアで、難民の子どもたちの毎日を明るく(日本語英語23 April 2020

資料

【NEW!】

  • UNHCR/ヨーロッパ地域局「新型コロナウイルス感染症のパンデミックの文脈において保護に関わる懸念に対処するための実務上の提言とグッドプラクティス(優れた取り組み)」(2020年4月9日)[PDF]
  • UNHCR/Regional Bureau for Europe, Practical Recommendations and Good Practice to Address Protection Concerns in the Context of the COVID-19 Pandemic, 9 April 2020 [HTML]

 

  • UNHCR「新型コロナウイルス感染症対応の文脈における、国際保護を必要とする者による領域へのアクセスに関する主要な法的考慮事項」(2020年3月16日)[PDF]
  • UNHCR, Key Legal Considerations on access to territory for persons in need of international protection in the context of the COVID-19 response, 16 March 2020 [HTML]

【最新情報(英語)】

<新型コロナウイルスの影響に伴う勤務体制の変更について>

現在、UNHCR駐日事務所では、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、原則テレワーク体制を実施しています。

問い合わせの際は、代表番号(03-3499-2011)、もしくは、各部署の担当者に直接ご連絡ください。

【他機関の最新情報】

★世界保健機関(WHO)健康開発総合研究センター 公式情報特設ページ(日本語

★国連広報センター(UNIC)の新型コロナウイルス関連情報(日本語